カーテンの種類-京都でオーダーカーテン探すならジョイリビングイトオ(納品実積と安心の信用43年の老舗店)1978年創業のインテリアファブリック専門店 / 京都府市全般出張。カーテンコーディネート(プロのインテリアコーディネーターが無料で窓廻りプランご提案)



カーテンの種類

カーテンの種類

 

ドレープ(厚地)

ドレープ厚地重量感のある、厚手の布地でできた織物を指します。ドレープでは「ゆったりとしたヒダ、優雅なおおい」といった意味があり、その名の通り、ゆったりとしたヒダが優雅さを与え、装飾性も高い布地です。平織り、綾織り、繻子織りが基本となりますが、ドビー織りやジャガード織りの柄物も多く用いられます。糸が太く、織り目も密なので、光や風を通しにくく吸音や保温効果も優れています。主として応接間や居間、寝室や書斎などに用いられ、多くの場合レースカーテンとの併用になります。素材はレーヨンを主にして、綿やナイロン、ウール、アクリルなどの混紡が多くなっています。

プリント(薄地)

プリント薄地布地に色を染めつけるものですから、色柄の豊富で、量も品数も多く、最も一般的な素材と言えます。ドレープのような重厚さには欠けますが、価格も比較的安いので、軽快で楽しいデザインや色柄を楽しむ事ができます。ドレープほどの遮蔽性はありませんが、目隠しや外光調節の働きがあります。主として、居間、個室(子ども部屋)などに用いられます。プリントの場合は、レーヨンが多いようです。ベッドカバーや壁布としても用いる事ができますし、それらとカーテンをペアにする事もできます。

ケースメント

ケースメントレースに似た透視性を持っていますが、レースに比べて、ソフトな暖かみや、柔らかな風合いに優れています。また、織りや柄に表裏がないため、室内の間仕切り用としても適しています。レーヨンが主流ですが、ウール、ナイロン、ポリエステル、サテンなどがあります。レースとレープの中間的な役割りを果たします。

レース

レースカーテン透視性や通気性を持っていますが、外光を遮らずにプライバシーを保つ事ができます。ただ、夜間、室内の方が外よりも明るいような場合には室内のプライバシーは保てません。白が中心で、涼感がありますので、以前は夏専用と考えられがちでしたが、現在ではドレープカーテンなどと併用する事が多いため、四季を通して用いられます。織りレース(ボビンレース)と編みレース(ラッセルレース)とに分けられますが、素材はポリエステルが多く、レーヨンやアクリル、ナイロン、ビニロンのものなどもあります。

遮光カーテン

遮光カーテン寝室や暗室、映写室などで光を遮断するために用いるもので、二重織りにしたものや、裏面にウレタン樹脂やアルミ箔をコーティングしたものなどがあります。また、普通のドレープ地に黒い裏地を付けるなどの方法などがありますがいずれにしても取り付け時に注意が必要です。

遮音性に効果があるといわれるカーテン

防音カーテン
遮音性にある程度効果期待できる機能。カーテンは、気になる外の騒音を遮る効果があり、室内の音を吸収するといわれています。プライバシーを守り、ご近所へのエチケットを考える上でもカーテンは重要です。保温効果と同じように、厚手のカーテンにはある程度の遮音性能効果が期待できます。
※わずかな隙間より音は漏れます。完全に遮る事は出来ません。性能保証は一切できません。予めご了承下さい。

光触媒カーテン

光触媒カーテン機能性カーテンの一つで、シックハウス症候群の原因の一つであるホルムアルデヒド等を軽減する効果のあり(VOC効果)、また消臭効果、抗菌効果も期待できる光触媒カーテンが最近出てきています。

ミラーカーテン

ミラーカーテン生地の裏面を鏡面仕上げにしたミラーカーテンは、日中も室内のプライバシーを守る新しいカーテンです。室内からの視線を妨げずに外からの視線をシャットアウトします。しかもレースの通気性や採光性はそのままです。

特殊カーテン

特殊機能カーテン他にシャワーカーテンやプライバシーを守るカーテン等もあります。

 

 

京都のカーテンプロショップ-ジョイリビングイトオ


pagetop