カーテン生地の素材-京都でオーダーカーテン探すならジョイリビングイトオ(納品実積と安心の信用43年の老舗店)1978年創業のインテリアファブリック専門店 / 京都府市全般出張。カーテンコーディネート(プロのインテリアコーディネーターが無料で窓廻りプランご提案)



カーテン生地の素材

カーテン生地の素材


カーテン生地の素材は主に天然繊維と合成繊維にわけられます。
目的に合わせた素材選びがポイントです。

カーテン生地の素材

 

天然繊維

綿

丈夫で価格が安く、染色性も良いのですが、時間が経つと黄変し長時間太陽光に曝すと生地が弱くなります。プリントカーテン地としてよく用いられます。

丈夫で腰が強く、シャリシャリとした感触がありますが、シワがよりやすく縮みやすい性質があります。しかし、太陽光には強く、ケースメントとしてよく用いられます。

光沢があって美しく、上品な風合いがあります。染色性もよいが、虫害に弱く、太陽光にも極めて弱い性質があります。カーテン地としてほとんど用いられません。

毛(ウール)

柔らかな風合いがあり、保温性、通気性に優れています。太陽光にも比較的強いのですが、虫がつきやすいといえます。縮みますから、あらかじめ薬品で縮めたものを用いたり、ドライクリーニングをします。

合成繊維

レーヨン

価格が安く、光沢があり、染色色も良く加工も容易で、ドレープ性も良いのですが、シワがよりやすいのが欠点です。ドレープカーテン地として多く用いられています。耐久性はあまりなく、洗濯もドライクリーニングに限られます。

キュプラ

シワになりにくく、光沢も美しく、手触りもよいので高級ドレープ地として用いられます。アクリル ウールのように柔らかい感触があり、軽くて保温性もあります。シワになりにくく、染色性も鮮やかで太陽光にも強いので、カ-テン素材としても多く用いられていますが、毛羽立ちやすく熱に弱い事が難点です。

ポリエステル

摩擦に強く、シワになりにくいうえ、熱にも強いためレースカーテンの素材として多く用いられています。帯電しやすく汚れやすいのですが、水洗いできるので楽です。

アセテート

軽く光沢に優れていますが、熱や摩擦に弱いためカーテン地としてはあまり用いられなくなっています。ポリクラ-ル 難燃繊維で高熱に強く、太陽光にも強いので、ドレープカーテン地やプリントカーテン地として多く用いられます。特性はアクリルに似ています。

ガラス繊維

不燃繊維で伸び縮みが少なく、熱や薬品、太陽光にも強く絶縁性もあります。

 

京都のカーテンプロショップ-ジョイリビングイトオ



pagetop