カーテンの機能性-京都でオーダーカーテン探すならジョイリビングイトオ(納品実積と安心の信用43年の老舗店)1978年創業のインテリアファブリック専門店 / 京都府市全般出張。カーテンコーディネート(プロのインテリアコーディネーターが無料で窓廻りプランご提案)



カーテンの機能性

カーテンの機能性

快適でお洒落なお部屋を演出します

お部屋をお洒落にするだけでなく、暖かいくつろぎ感や、明るくにぎやかな雰囲気、シックで落ち着いたムードなどお部屋の用途に合った演出が楽しめます。

カーテンは室内のかなり広い部分を占めるものですからインテリアにとって重要な要素となります。
またカーテンは、装飾性と機能性の両方を兼ね備えたものですから、この二つの働きをバランスよく発揮させることが大切です。

 


カーテンの機能性についてのご案内


カーテンというと装飾的な働きについ目が行きがちで、インテリアにとって、そうした
働きもとても大切なものですが、下記に説明するような基本的な機能を持っています。


1.目隠し(遮蔽)機能

室内空間のプライバシーを守るためにも、必要なカーテン。
住宅の開口部、特に窓には採光のために透明ガラスがよく用いられますが、透明ガラスですと外光を室内に採り入れられる反面、外からの視線を遮る事が必要になります。
そういった場合にカーテンをつける事で、手軽に外部からの視線を遮る事ができます。

 

2.調光性機能

屋外からの光を完全にではなく、一定の程度に抑えたい場合があります。
そうした場合には、カーテンの中でもレースのものを用いれば、ある程度緩和された外光の採り入れと室内からの眺望が可能になります。

 

3.保温性機能

厚手の、特にギャザー(ヒダ)の多いカーテンには、ある程度の断熱効果があります。
特に冬の寒さに対しては、窓ガラスに接してカーテンを吊る事で、かなりの保温効果を
発揮します。カーテンのこの効果を、強く発揮させるようにしたものが、断熱カーテンです。

 

4.遮音性にある程度効果期待できる機能

カーテンは、気になる外の騒音を遮る効果があり、室内の音を吸収するといわれています。プライバシーを守り、ご近所へのエチケットを考える上でもカーテンは重要です。
また、保温効果と同じように、厚手のカーテンにはある程度の遮音性能効果が期待できます。

バックコーティングにより遮音性効果が期待できるカーテンです。
※わずかな隙間より音は漏れます。完全に遮る事は出来ません。予めご了承下さい。

 

5.間仕切り効果機能

最近では、間仕切り用として、アコ-デオンや、ロールスクリーンのような便利なものも
ありますが、カーテンも、手軽な間仕切り機能を持つものとして使う事ができます。

 

6.夏も冬も省エネに貢献します

カーテンは夏、外からの熱気を防ぎ、冬、お部屋の暖かさを保って省エネにも貢献
一重よりニ重吊り、そして窓を大きく覆うほどその効果は高まります。

7.プライバシー対策として

野外からの視線が気になりますね。そのような場合は、気密性の高い素材のアイテムをおススメします。密度の高い遮光生地や、アルミブラインドなどで遮蔽します。屋外からの光線を反射して外からの視線を遮るミラータイプのレースカーテンも効果的ではありますが、レースのみですと夜間に屋外よりシルエットなどが透けて見える為、厚手カーテンと組み合わせて窓辺を装飾すると遮像効果も生まれます。

8.遮光性機能に貢献

屋外よりの陽射しを遮り、室内を暗く落ち着いた空間になります。
一般の厚手ドレープに比べて遮光(暗さ)性能の高いカーテンの総称。1級・2級・3級とあり、使用目的によりお選び頂けます。

9.制菌機能付きカーテン

カーテン繊維に付着した菌の増殖を抑制するカーテンです。
院内感染で問題になるMRSA等、5種類の菌に優れた効果を発動します。耐選択制に優れていますので、洗濯回数の多い医療施設に最適です。

10.制電機能

導電性繊維の使用、帯電防止加工により制電性を付与したカーテンです。静電気によるホコリの付着や不快なショックを軽減します。

京都のカーテンプロショップ-ジョイリビングイトオ



pagetop