カーテンのお手入れについて-京都でオーダーカーテン探すならジョイリビングイトオ(納品実積と安心の信用43年の老舗店)1978年創業のインテリアファブリック専門店 / 京都府市全般出張。カーテンコーディネート(プロのインテリアコーディネーターが無料で窓廻りプランご提案)



カーテンのお手入れについて

カーテンのお手入れについて

お手入れ方法について簡単にご紹介致します。


なんといっても日頃のお手入れが肝心です!

カーテンのお手入れについて

お気に入りのカーテンを末永く使用するために参考にして下さいませ。

  • 簡単なお手入れ習慣にすれば後のメンテナンスは随分楽になります。
  • また、ご家庭ではお洗濯できないものはクリーニングに出すなど、表示を守ることも大切。
  • 上手なお手入れで大好きなカーテンを大切にして下さいませ。

※ 掛け替えのときにブラッシングをして下さい

  • ハタキなどで汚れやすい上部の部屋側や裾の外側をはたきます。
  • カーぺット用ローラーでホコリを取る場合は、下から上へ。
  • 汚れやすい場合で半年に1度はクリーニングなど念入りのお手入れをオススメします。

  • ブラッシングについて

※ クリーニングに出す場合は

  • 最初に、カーテンフックは忘れず外します。トラブルを避けるために必ず自分で表示を確認し、お店に相談を。取り扱い表示は裾に付いています。オーダーの場合はカタログを参考に。
  • クリーニングに出す場合について

※ 家庭でお洗濯する場合は・・・

  • ホコリを落として金具を外し、びょう風タタミにして崩れないよう軽く糸で止め、ネットに入れて洗濯機で洗います。脱水は20~30秒に。手洗いが必要なカーテンなどは押し洗いし、すすぎを充分にします。
    乾燥は陰乾しもしくは、つり干しをして下さい。

  • ご家庭でお洗濯する場合!



カーテンは普段からほこりを払って、静電ブラシなどを掛けよく手入れしておく事が必要です。
それでも開口部に吊るしておき、直接手を触れて操作するものですから、どうしても汚れやすいと
言えます。そのために定期的なクリーニングに出したり、洗濯したりする事が必要ですが、洗濯する
事によって生地の硬化を防ぎ、自然なドレープを保つ事もできます。

ただ注意しなくてはいけないのは、素材の特性に適した洗濯方法でないと、縮んだり形くずれを起こしたりしますので、気をつけたいものです。

カーテンに付いている「取り扱い表示記号」等を保管しておく事も必要になります。もし、洗濯のためにカーテンが縮んでしまったら、裾の折り返し部分を解いて、丈を調整するしか方法はありません。レースや薄手のカーテン類のとんどは、中性洗剤を用いて家庭用の洗濯機で洗濯する事ができます。ビロード地や厚手のドレープカーテンなどは、クリーニング専門店に任せた方が無難です。


また最近、家庭内でホワイトガソリンを用いてカーテンを手洗いする方が多いようですが、揮発性が
高く大変危険ですから、やらない方がいいでしょう。
金属部分は、時々乾拭きして金属用ワックスや 由布などで磨くようにして下さい。

 

京都のカーテンプロショップ-ジョイリビングイトオ

 



pagetop