化学繊維について-京都でオーダーカーテン探すならジョイリビングイトオ(納品実積と安心の信用43年の老舗店)1978年創業のインテリアファブリック専門店 / 京都府市全般出張。カーテンコーディネート(プロのインテリアコーディネーターが無料で窓廻りプランご提案)



化学繊維について

化学繊維(人口繊維)について

Chemical fiber

インテリアファブリックでカーテン、カーペット繊維にも多く使用されており馴染みのある、繊維の中でも化学繊維(人口繊維)についてまとめました。テキスタイルをお選びになる際のご参考にして下されば幸いです。

 

人口繊維について

 

石油原料を人工的に合成して製造される繊維(ナイロンやポリエステルが主流)の事を指します。
繊維により、異なる原料を溶かしたものを、それぞれ違う紡績方法により、繊維に仕上げます。

素材繊維ごとに、原料を溶かして、異なる紡糸方法によって、固めて繊維状にします。
フィラメント(長繊維)の場合と、後工程により切断してステープル(短繊維)状にする工程があります。

半合成繊維-アセテートなど綿花の主原料からの繊維
再生繊維-レーヨン等、木質系パルプからの繊維質


==============================

※ポリエステル繊維について
石油原料より、生成される化学繊維中、最も多く生産、消費されている素材です。
最も生産量が多いのは、ぺットボトルでよく知られているPET(ポリエチレンテレフタレート)で、繊維にしたのがPET繊維となります。

短繊維(ステープル)と長繊維(フィラメント)があり、紡糸段階で、素材の断面を円形、扁平など様々な形に変える事が可能の繊維です。

長繊維は、細いミクロ単位の極細繊維やナノ単位の超極細繊維も製造されています。

短繊維は、他の素材繊維と良く馴染む性質があり、毛、綿、麻等と混紡されて、それぞれの長所を生かした繊維に製造されます。短繊維は、そのままでもふとん綿にも多く使用されています。

 

使用目的などに対応して、異なる繊維と混ぜたり、天然繊維に近いもの、新しい風合いや制電性、難燃性を持った繊維などが製造されています。多用な性質があり、インテリア用途として、一番多く、広範囲で使用されています。


ポリエステルの用途と特徴
長所-しわになりにくく、強い、吸湿性が少なく、熱可そ性がある。
薬品関係に強く、虫、カビの害を受けにくい。

短所-汚れたものと一諸に洗ったり、長時間洗濯液に入れておくと、繊維汚れを吸い取り黒くなる。


使用用途-ドレープ・レースカーテン、テーブルクロス、じゅうたん、毛布、ふとうん、シーツ等に使用


再生ポリエステル繊維-PET繊維などの裁断面を溶かし、再び繊維化してじゅうたん等にも使用されています。PETボトルや繊維製品リサイクル分から、本来ものもより、二酸化炭素排出量で77%、消費エネルギーで84%、削減できているといわれています。

 ==================================================

※Rayon(レーヨン)
原料材の木材パルプよりシルクの外観に似せて人により製造された繊維です。
長繊維(フィラメント)とステープル(短繊維)の両方があり、吸水性、吸湿性に優れており、染やすく、美しい発色に特徴があります。レーヨンは、フランス語で、光る繊維(糸)という意味あいがあります。光る繊維なので。ドレープ性も良いが、水に濡れると収縮しやすいのが欠点といえます。

 ==================================================

※アクリル

天然資源のアクリロニトリルを主原材料(85%以上)の合成繊維の事を指します。
アクリルは、綿やシルクなどより軽くてかさ高く、羊の毛に良く似た繊維特性を持ち、ふんわりとした感触と、ほどほどの保湿性があります。寸法安定性、太陽光に堅ろう度が良いので、厚手カーテンとして使用頻度が多い。繊維はほぼステープル(短繊維となります。)

  ==================================================

※ナイロン

人工的なナイロン繊維です。繊維特質としては、シワになりにくく生地風合いがある。発色や染色性がよく、太陽光等外部よりの刺激に対して耐久性がある。カーテン装飾性素材としては、ぴったりである。欠点としては、静電気が起こりやすく、熱に弱い面もあり、乾燥機が使用できない。アイロン掛けは低温で使用の事。

使用用途は、カーテン・毛布・カーペット

 

化学繊維について

 

京都のカーテンプロショップ-ジョイリビングイトオ



pagetop