スタイル・デザインスクリーン-京都でオーダーカーテン探すならジョイリビングイトオ(納品実積と安心の信用43年の老舗店)1978年創業のインテリアファブリック専門店 / 京都府市全般出張。カーテンコーディネート(プロのインテリアコーディネーターが無料で窓廻りプランご提案)



スタイル・デザインスクリーン

スタイル・デザイン(調光)ロールスクリーン


スタイルスクリーンから始まる窓辺の快適生活。
やわらかな光が入るお部屋で、会話を楽しんだり、読書をしたり、
室内で過ごす時間を豊かにするのは、人の感性にかなった空間です。
商談での説明の際には、ウインドの見栄えは勿論、なぜスタイルスクリーンがいいのか。
スクリーンの効果や機能はどうなのかをユーザー様には説明して御理解頂きます。


ターンアップスクリーンでお洒落に

太陽の光が心地よい昼間には、光をたっぷり採り込むシースルーのスクリーンを。
プライベートタイムには、視線を遮るミディアムタイプのスクリーンを。
新しいターンアップスクリーン「ビジック」は、 そんなニーズに1台で応える、
今までにないウィンドウトリートメントです。


ウィンドウスタイルのファブリックには千差万別の特徴があります。
光と影で彩られるスクリーン、華やかな空間演出をお楽しみ下さいませ。
ロール、カーテンやブラインド等のエレメントパーツは、快適な暮らしを
演出するインテリアです。お住まいになる好みやお部屋の雰囲気をベースに
窓辺の装飾を考え、よりマッチするアイテムを見つけましょう~


光を自在に取り込むスタイル-ロールスクリーン


中間窓、小窓(小面積)に見栄え良く綺麗でございます。
簡単に低コストで窓辺の変化を楽しめます。勿論、大きな面積の窓にもお付けする事は可能でございます。
また、多種多様なデザインやサイズ、機能性も備わっており頼もしいインテリアアイテムと言えますね。


■ターンアップスクリーン
空間に心地よい光と風をお届します。
太陽の光が心地よい昼間には、光をたっぷり採り込む、シ―スル―スクリーンを
プライベートタイムには、視線を遮るミディアムタイプのスクリーンを。
新しいターンアップスクリーン「ジビック」
そんなニーズに1台に集約した、新しいデザインのロールスクリーンです。


利点はやはり、外よりの光と視線を自在にコントロールできます
1台で無段階の調光パターンをつくり出す事が可能です。
御部屋に採り込む光の量を簡単に、自在に調整できます。
もちろん、通常スクリーンのように、スクリーン本体の昇降もOKです。

調光ができますので、優れものの商品となります。
仕上がりがスマートでシャープな製品でございます。

窓辺の工夫で、遮光性能カーテン等省エネ・節電にも貢献できます。


スタイルスクリーン


デザインクリーン


TOSOデザインクリーン


スタイル・デザインスクリーンのここがポイント

1:収納がコンパクトでお洒落
スッキリとしたメカ部は小さな窓でも納まりが良くコーディネート可能です。

2:間仕切りや目隠しとして
ロールスクリーンなら、お手軽に間仕切りや目隠しが出来ます。
必要な時に生地を上げ下げするだけで、空間に多様性が生まれます。

3:お掃除の際も隅々まで
デザインタイプスクリーンなら、お掃除の時も邪魔になりません。
掃き出し窓でも、スクリーンを少し上げておけばストレスを感じる事なく
お部屋の隅々までお掃除できますね。


フラットなロールスクリーンのシンプルなデザイン性と、
空間に採り入れる光の量をブラインドのように自在に調整できる機能性。


======================================

■野外よりの調光パターンの多彩性
スクリーンのサイドにあるボールチェーンを操作すると、シースルーとミディアムを
交互に織り込んだスクリーンが上下に交差します。スクリーンを降ろしたままでもお部屋に
採り込む光の量を簡単に、自在に調整できます。
もちろん、通常ロールスクリーンのように、スクリーン本体の昇降も可能です。 


デザインスクリーンの調光術



■お洒落でコンパクトなデザイン
ドレープとレースの機能を併わせ持つ「ビジック」は、スクリーンをループ状にすることで、
メカのフォルムはコンパクトに。さらにドレープとレースのダブル付け時よりも重量も軽くて
すっきりと収まります。またループ状のスクリーンのウエイト部分のパーツもシンプルに
仕上げ、すっきりとしたデザインに細部までこだわりました。


※スクリーン生地の動画をご覧下さい。


======================================

※スクリーン生地のお手入れ(メンテナンス)について

日頃のお手入れは、ハタキやハンドモップなどでほこりを落として下さい。
水拭きや水のかかる場所でのご使用は、スクリーンが変色する場合がありますので避けて下さい。

スクリーンは特殊樹脂加工されていますので、折ったり曲げたりするとシワや癖が残り、元に戻らない場合がありますので十分ご注意下さいませ。


京都のカーテンプロショップ-ジョイリビングイトオ



pagetop